葬儀の宗派は誰が決める?

夫の弟が急死しました。家族葬を大阪で比較検討する専門施設ならまだ40歳代でしたが、仕事中に倒れて帰らぬ人になりました。
現代の家族葬と切っても切り離せないインターネットと大阪の関係性は、両親とは全く別の、かなり離れたところに、妻と子どもと一緒に住んでいました。妻と子どもも、急な死を当然受け入れることができず、呆然としていました。大阪城東区の家族葬は故人へ感謝の気持ちを伝えると両親も、まさか自分の子どもが、自分たちよりも早くに逝ってしまうなんて考えてもいなかったようで、こちらもかなりとまどっていました。
皆が戸惑っている状況ではありましたけど、そうはいっても、通夜や葬儀はしないといけず、特に現役の人が会社で急に、という状況でしたので、家族葬というわけにはいかず、いろんなことを勧めていかないといけませんでした。そういった決め事は、冷静にしていることができた私、そして、私の夫が、弟の妻と決めていくことになったのですが、最初のころは黙っていた両親が、ここで、一番肝心の葬儀の宗派のことと、お墓のことについて、口を出されてきて、少しびっくりしました。
私たちとしては、弟の妻と子どもたちが、最近の弟のことを一番知っており、そして、葬儀はある意味、残された人の者と思っていましたので、弟家族にまかせてあげればいいのになあ、と心の中でひそかに思いました。従順だった、弟の妻はそれに従っていましたが。