私は最近、祖父が亡くなりました。
幼い頃に大阪で家族葬専門の安心納得の何度かお葬式に参列した記憶はありますが、淡い思い出程度でしか覚えいません。成人してから初めての葬式でした。

そんなお葬式ではまず、大阪の家族葬で知っておきたいマナーなどはあんなに元気だった祖父が少し会わない間に痩せて亡くなってしまった、という現実をあまり受け入れられられなかったことが印象に残っています。

家族葬を開くと大阪で思えば祖父は生前とてもパワフルな方で、町内会長などもしていたこともあり多くの方が葬儀に参列してくださってました。
大阪でできるなら家族葬専門ランキングを大切にしてくれる人の数が生涯の成果としてあげられるかと思います。
長らく会っていなかった方々、遠方からわざわざ訪れた方々など様々な方がいらっしゃいましたが、そういった財産を祖父は作り上げていて、直葬を大阪で施行してくれる葬儀社は尊敬できる人だったんだと改めて感じていました。
祖父が多くの方に慕われていたことを誇らしく思うと共に、自分はそのように一生を終えられるのか、大阪で散骨をと云われると葬儀にはどのような人が来てくれるんだろうかと考えさせられました。

手順も何も分からぬまま親族側として葬儀を終え、親戚の方々と祖父の話をしました。親戚のみんなから出る話は明るい思い出話ばかりで、亡くなってもそれを感じさせない祖父の存在の大きさを感じました。

お葬式という機会自体は大変悲しく、大切なものです。しかし祖父のことを思い、祖父のことを考えて行われたこの葬式を祖父が見ていてくれたなら、きっと笑顔でいてくれたと思います。

物心がついてから初めてのお葬式は、悲しい気持ちだけでなく自分に元気や将来を考えさせてくれる大きなものになりました。