葬儀の準備の過程で、大阪で散骨を出来るだけ少ない人数で葬儀会社から遺影に使う写真の提出を求められます。その時になって慌てて相応しい写真を探そうと思っても、なかなか見つけられません。「まぁこれで良いか」という写真を出すことになり、大阪で直葬のことなら流行ると後々まで「もう少し良い写真を使ってあげたかった」と後悔することもあるでしょう。
ですから、酷な話ではありますが、盛大に行われる家族葬が大阪ではご家族がもう長くないと思ったら、早めに遺影に使うべき写真を探しておくことをお勧めします。
あるいは、もっと良いのは、ご本人が元気なうちに、家族葬を大阪で明瞭会計に使ってほしい写真を自分で選んでおいてもらうことです。ただそれはそれで、あからさまに「遺影に使う写真を選んで」と言うのも、気が咎めますよね。だから、喜寿や傘寿のお祝いなど、適当な機会を利用して、御布施の相場など、なかなか難しいものとプロのカメラマンに写真を撮ってもらう機会を設けておくのも良いかと思います。
同じ理由で、納棺の際に着せてあげる「最後の衣装」も事前に用意するのが良いでしょう。葬儀を安心納得料金の大阪でちゃんと着替えさせてあげられるケースと、ご遺体の上から乗せてあげるだけのケースがあるかと思いますが、ご本人が気に入っている服など、最後の旅立ちに相応しい衣装を選んでおくことをお勧めします。
まだご家族が生きているうちに、葬儀の準備をするのは大変辛いですが、結局その方が、後々まで悔やむことが少ないのではないでしょうか。